赤十字で働いてみませんか

看護師の資格や医師の資格を持っているのであれば、社会的に貢献するために赤十字で働いてみるのもいいかもしれません。赤十字は人道支援を行い、紛争があれば砲撃の危険があるにもかかわらず、医療サービスを提供しています。また、地域のために必要な水や食料、そして医療も提供しているのです。
日本にも全国に赤十字の大規模な病院があり、最先端医療をはじめとしたターミナルケアまで幅広く担当し、地域の人の健康のために活動しています。特に、離島やへき地医療に対しての貢献度は高いようです。人口が少なく医療がままならない地域に志願してクリニックを開設し、人々の健康のために日夜努力している医師や看護師がたくさんいることでも知られています。災害の時にもいち早く現場に駆けつけ、必要な支援物資を提供したり、けがをした人や病人の手当てを行っているようです。
看護師や医師でなくても、赤十字の活動に支援することはできます。巡回をしている献血車を利用する・地域の献血センターで献血をする・災害の時には支援金を特定の口座に振り込んだりするというだけでも、十分な支援なのです。財団として、孤児などの教育支援や奨学金制度を設置するなど、活動は幅広く多岐にわたっています。どの活動も、人道目的であることは一貫しているのです。
人間のために人間ができることを真摯に取り組んでおり、その理念に賛同した人たちがその活動を支援しています。医師や看護師として赤十字病院で働くことで、医療の発展のためだけでなく、人に対する思いやりややさしさという基本的な想いを感じることができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です